• 最近のコメント

  • 最近のトラックバック

  • カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

  • プロフィール

    Tanzan

    Author:Tanzan
    院長プロフィール

    シドニ−南龍気功整体院達青館 院長
    大阪-心斎橋丹山-轟気功整体院 院長

    南龍梁山泊連盟認定 気功師−整体師
    日本古武道伝 南龍整体術 師範

    関口流柔術富田派 奥伝目録 
    日本少林寺武道専門学校 第4期
    専門課程 師範科卒 少林寺拳法五段
    少林寺拳法世界連合 シドニー支部長
    少林寺拳法世界連合評議委員
    オーストラリア少林寺拳法連盟連盟会長等を歴任.
    10歳より柔道をはじめ剣道、空手、古武道など、武道歴は40年に亘る。
    受賞歴 
    1980年 オーストラリア極真会主催 
    第4回全豪空手道選手権 軽量級第3位

    2001年 少林寺拳法パリ世界大会
    4段以上の部優良賞ブロンズメダルを受賞。

  • 検索フォーム


2010/08/09(Mon)

運動の最適化を提供します。

夏真っ最中ですね、ソリッドワークスは各種運動スポーツを愛する皆さんの動きの最適化を実現します。

もっとうまくなりたい、強くなりたいという皆さんの思いをかなえます。

興味のある皆さんは、メールにてお問い合わせください。

個人、グループ単位で御指導します。

rokkensydney@hotmail.com
Home | Category : 動きについて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/04/23(Fri)

連絡事項

連絡版

外大のみなさんへ

もっとうまくなると−もっと強くなる
もっと強くなるともっと楽しくなる
もっと楽しくなるともっとうまくなる。

この循環で人は上達するとぼくは思っています。
上達するには、身体にとって自然で無理のない動きを身につけること
が重要です。

自然な効率のいい動きを身につけるポイントを知れば、あなたもすぐに
上達します。

練習しているのに、なかなかうまくなれない、動きが安定しないのは、
するべき動きを理解することができずに、無駄、無理やムラのある
動きをしているからです。

からだの使い方がわかっていないために、自分では力が出ていると感じるが、(力感は発揮しているが)、出しているエネルギーが運動量に
変わっていない点に注目して動きの質の向上をはかりましょう。

自分の筋力だけに頼るのではなく、重心操作によって生まれる効率的な
力の使い方や筋力以上の力が出せる、シンプルで効果的なからだの使い方を勉強しましょう。

そのためには、自分の重心位置を知ることから始まって、重心操作を基本とした動きを理解することが重要です。

重心の操作がうまくできるようになると、安定した効率的な動きを身につけることができます。
重心の安定からうまれる、呼吸の安定が、心の安定した効率のいい動きを生みだします。

以下のポイントの確認しておいてください。

1、からだを強くねじろうとしない、強く打とうと思わない。

2、軸を作ろうとしない、いい動きをすると自然に結果として、
  できるのが軸です。

3、目標点は注視しないで、当てるのではなくあたる動きを身につける。

4、形を作ろうとして、覚えた動きは身につきません。
  その形になる動きを身につけましょう。

5、じぶんの力感の力に頼らない。

6、腹筋型&背筋型を理解する。

7、内転筋型−外側広筋型を理解する。

8、自分の股関節のタイプを理解しましょう。
  
  股関節には平均型−右外旋型−左外旋型があります。
  自分の型を理解することによって、現状で有効な身体操法を作ること
  が可能です。

9、振り子動作における踵の上下移動のエクササイズ。

10、突きのエクササイズ−ひじ頭の位置を意識する。

11、肩甲骨を動かそう。

12、伸筋運動−屈筋運動を理解しよう。

13、胸の閉開を意識しましょう。

14、仙骨の上下動にトライしましょう。

15、抜きによる重心移動を覚えましょう。

Home | Category : 動きについて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/03/30(Tue)

シドニ−でのクライアント




シドニーでコンディショニング&トレーニングをお手伝いしていた、
日本人ヘビー級ボクサー竹原真敬選手です。

燃え尽きたい、MAX ZONEを突き抜けたいとの思いを実現するため
オーストラリアでのチャレンジャー生活をお手伝いしました。

全身調整や動きの改善トレーニング、所属ジム探しや第2試合ではセコンド
のお手伝いなど、いい思いでです。

竹原選手の記事はこちらで

http://top.25today.com/sports/sports_spe/post_1203.php
Home | Category : 動きについて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/03/26(Fri)

蹴りを追及するとこんな蹴りになります。

蹴りを追及するとこんな蹴りになります。

受けるとか、捌くとかは考えることが難しいですね。










Home | Category : 動きについて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top